乳製品不使用のオーガニックローチョコレート

素朴な質問コ~ナ~

インスタグラムにて頂戴しましたローフードやロースイーツについてのご質問を、こちらでもシェアしておきます♪

 

  • ローチョコレートって溶けやすいイメージですが、保冷せずにいても大丈夫なんですか?

15-20度くらいが保存に適した温度です。

市販のチョコは、カカオバターの代用として植物油脂を使われていることがあり、植物油脂はカカオバターよりも形を保てる温度が高いため、市販のチョコはローチョコなどの無添加のチョコより溶けにくいと言えます。

 

 

  • おススメの産地のローカカオまたはメーカーはありますか~?

ロハスさんで売られているドミニカ産のローカカオパウダーがけっこう美味しかったです。

iHerbならZint。

iHerbを初めて利用される方は、CGP017のクーポンコードで5-10%OFFでお得にご購入いただけます♪

味の好みは人それぞれですので、食べ比べてみるとよいと思います。

産地別の主な特徴はネットで調べると出てきて、味の妄想が止まりません♡

 

 

  • ローカカオはカフェインが発生しにくいと聞いたことがありますが、本当ですか?

カフェインはカカオにもともと含まれている成分です。

熱に強いので、生のカカオと焙煎されたカカオでは、含有量は基本的に変わりません。

カカオに含まれるカフェインは100g中、概ね0.09~0.25gくらいです。

ハレトケトのダークチョコバーを1.5枚分くらい食べると(食べ過ぎ!)、コーヒー一杯分と同じくらいのカフェイン量になります。

 

 

  • 定期便ずっと申し込もうか迷っています。

日常にローチョコを少しずつ取り入れたい人にはおススメです。

送料無料ですしね!

 

 

ローフードってナッツいっぱい使うけど、何でいっぱい食べても大丈夫だった?

摂り過ぎは良くないです。

プロテインやビタミン・ミネラルなど、良い栄養素は含まれていますが、どんな食べ物でも過剰にたくさんは食べないほうが良いです。

ローフードを食べておられる人たちは、ローケーキなどのナッツを多く使うお菓子を食べる場合は、その他の食事をナッツフリーにしたりして、調整されてる方が多いと思います♪

 

 

  • カカオバターとカカオペーストの違いは何ですか?カカオペーストでもローチョコは作れますか?

カカオペーストはカカオマスと同じです。

カカオマスを圧搾して絞り出した油脂がカカオバターです。

ハレトケトではカカオマスからローチョコレートを作っています。

 


 

ちなみに、ロースイーツはギルトフリー(罪悪感なし)と言われていますが、たとえカロリー1/2のケーキだったとしても、二つ食べたらダイエットにはならないです!

そしてロースイーツは体に優しい素材や栄養価の高い素材を使用していますが、カロリーがものすごく低いわけでないです。

普段のお菓子に置き換えて、栄養補助を目的として食べたり、心の幸せのために食べていただくのがいいと思います。

食べたら食べただけ痩せる魔法のお菓子ではないので、食べ過ぎ注意です!

 

ロースイーツと市販のお菓子についての違いは、【こちらのブログ】にて解説しております。

 

それと、チョコの保存方法について。

チョコは湿度や温度変化に弱いです。

ジップロックに入れて、ワインセラーや冷蔵庫など、温度や湿度が一定になるところで保管ください。

 

また、臭い移りがしやすいので、封を開けたままのチョコを冷蔵庫に入れておくと、冷蔵庫内の臭いがチョコからほのかに漂ったり、チョコの風味が抜けていく原因になります!

チョコも出来立て鮮度が命!の、出来立てが一番おいしい食品の一つです。

ぜひお早めにお召し上がりください♪

 


 

ローチョコレートについてのお話は【こちら】

当店のこだわりカカオについてのご案内は【こちら】

ローチョコレートやロースイーツはこちらのオンラインショップ】よりご注文いただけます。

ja日本語
en_USEnglish ja日本語