乳製品不使用のオーガニックローチョコレート

どうして腰が痛くなるの?〜水星逆行からの学び〜

ちょうど1週間前の土曜日、

突如ぎっくり腰になりました!

重いものを持ったりなどしてなかったので、

なんで私が??と最初はハテナだらけ。


周りの人たちに話したら、

「さすが水星逆行だね!」と言われました。


今回は、水星逆行中に生じる物事の意味合いと、

腰痛がもたらすメッセージについてをシェアしたいと思います。


水星逆行ってご存知でしょうか?

太陽に対して反時計回りに公転している惑星たち。

でも時々、反対側の軌道を進行しているように見える時があります。

地球から見た時、逆行しているように「見える」だけで、

実際には逆回りになることなんてありません。

惑星が逆行しているように見える時、

普段とは物事が逆方向に進む

=物事が思うように進みにくかったり、

バランスが取りにくかったりしやすいそうです。


以下、ヨガと瞑想のクラスを担当してくださっている

Shashiyogaさんの投稿より。


〜〜〜〜


6/18から始まった水星逆行が
7/12 17:18に終わります。
今、一度立ち止まり、
この3週間を少し思い返してみて下さい。

何か困った事はありましたか?

物理的なトラブルや、心の乱れ・体の不調。
または人間関係での課題が浮き彫りになったり。

強く印象に残る事があったなら…
それはもしかすると
忘れ物を取りに戻ったのかも知れません。


水星逆行中は
過去にクリア出来なかった課題を
様々な形で教えてもらえる機会とも言えます。

トラブルは全て自分からのメッセージ。
一見繋がっていないように思える事も、
意識と繋がって行くうちに
自ら望んで起こしている事に気づきます。


今回のクラスのテーマは
まさに『過去の精算』

水星が順行に戻ったタイミングで
先ずは“気づいて欲しい”と、云う
自分からのメッセージを受け取り、
過去の出来事を受容し記憶を書き換えましょう。


今回はワークとMeditationの時間を
いつもより長く取って行きます。

リラクゼーションの中で受け取る『気づき』を
人生に活かして下さい。


〜〜〜〜


本日Shashiyogaさんのレッスンがカフェスペースで開催され、

私も腰を動かす部分を省きながらヨガと瞑想に参加しました。


Shashiyogaさん曰く、

体の不調はマインドから生じている場合が結構多いそうです。


腰(と背骨)は体を支える役割があり、

それらに不調が生じると、歩いたり動いたりができません。

歩いたり動いたりできない=休息を取らざるを得ない、

という状況を作り出したくて、私はマインドから命令させて、

ぎっくり腰を生じさせたのだ、と教わりました。


新型コロナウィルスの影響で通販がすっかり忙しくなり、

この勢いに任せてもっともっと頑張らないと!と

春先からずっと必死でした。

だから、腰を痛めて、やっぱりね。と思いました。


体を酷使しすぎたり、上を目指すストレスで体調を崩した、

と思っていましたが、

腰を痛めて動けない、という大義名分を求めて、

私自らが腰を痛めさせた、という発想は新しい考えでした!


腰を痛める人は、自由になりたいけど自由になれないというジレンマ、

そして自分自身を支えることができていない、という罪悪感から、

腰痛を自ら生じさせる、のだそうです。


今回のレッスンのテーマは『過去の精算』

看護師として臨床でバリバリ働いていたつい2年前まで、

私は体調不良で仕事を休んだことが、ほとんどありませんでした。

骨折などで物理的に動けない場合や、

インフルエンザなどの感染症に罹った場合などを除いて、

私の先輩や同僚たちも、薬で症状を紛らわせたりしながら、

仕事に穴を空けることなく出勤していました。

おそらくほとんどの看護師はそうであると思います。


何年も前、休日に自転車に乗っていて転倒し、

自分の働いていた病院へ担ぎ込まれました。

顔面を強打して、口と鼻と足を縫ってもらうことになりました。

打撲のみで、骨などには異常がなかったのですが、

酷い見た目だったこともあり、お休みをもらおうと思っていた矢先、

病棟の上司が駆けつけてきて、「明日出れるよね」と言われました。

ノーとは言えず帰宅して、

発熱と痛みと顔を縫ったことのショックでその日はずっと寝ていました。

翌朝なんとか出勤し、腫れ上がった顔を見られるのが嫌で、

俯きながら仕事しました。

しかも無神経な先生に「そんな酷い顔で患者さんの前にでたら、

患者さんがビックリするからなんとか隠して」と言われました!

出勤したくてしてるんじゃない!と思いましたが、

下っ端の私はとりあえず眼帯をして、気休め程度に顔を隠しました。


なんでここまでして働かないといけないんだろう?

看護師をしていた頃は、しょっちゅう自問自答していました。

患者さん最優先で、自分が他者からも、自分自身からでさえ、

大切にされていないなと感じていました。


「無理でも働く」という生き方を10年近く続け、

「仕方がない」と諦める生き方をしてきましたが、

どうやら今回の水星逆行は、

私に「潔く休む」ことを伝えるための腰痛だったようです。


正直、整体や針治療で痛みを紛らわせながら、

またしても全ての仕事をこなしてしまいました。笑

でも、今後の身の振り方を考えるきっかけにはなりましたので、

「ストレスなく、無理なく生きる」ための

仕事のあり方を再構築していこうと思います!


ぎっくり腰中に参加したドリームマップ作りでも、

「健康で、自由で、リラックスしてお金を稼ぐ」

を如実に示したマップが出来上がりました!!笑

※ドリームマップとは、雑誌の切り抜きなどをコラージュして、

理想の未来をクリエイションするイメージボードです。


今回、全ては繋がってるんだな、と改めて思いました!

どうぞ、これからも見守っていて下されば幸いです。


次回のヨガは、新月のお願い事の叶え方ワークショップ!

詳細は【ヨガと瞑想のページ】にてご確認ください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ja日本語
en_USEnglish ja日本語