愛を育むローチョコレート

自分で国や社会を変えられると思いますか?

昨日は十日戎だったので、昨年の福笹をお返しして

新しいものを授与していただきました。

 

最寄りの蛭子神社は氏神様でもあります。

田舎の小さな神社ですが、ちょうど訪れた時に

神楽殿で奉納があるとのことで、観ていくことにしました。

 

ご年配のお婆さまの舞とお爺さまの唄に心癒され

(おばあちゃんおじいちゃん好き♡)

中学生?の少年たちを微笑ましく眺めました。

ご高齢の先生とお弟子さんたちのようで、

最後のご挨拶では、お爺さまが

「このように未来ある若い人たちが

(弟子として)いてくれて大変嬉しい。

彼らがこれからの社会を担って、

世の中を変えていってくれるよう、

私たちは伝え支えていかなければならない。」

とおっしゃってました。

10代前半の若者って、

90歳近い方々からしたら、70歳も歳が離れてて、

もはや宇宙人みたいな存在なんじゃないかしら。

そんな存在を受け入れ託すのって

大きな学びだなぁと思いました。

 

2019年に日本財団が世界9カ国で行った「18歳意識調査」では、

「自分で国や社会を変えられると思う」の問いに

日本はぶっちぎりで最下位でした。

 

皆さんはどう答えますか?

大人になった今の私は、そう思う!と答えるけど、

18歳の頃だと、いやいやいや無理でしょ。笑

って思ってたはずです。

 

 

ハレトケトのヴィーガンカフェとローチョコレートショップ

 

 

これは2017年に訪れたアメリカはポートランドの路上の落書き。

愛とは、って考えながら旅行していたので、

答えをもらった気がして気に入ってる写真です。

 

 

普段何気なく行う、ちょっとした気遣いや感謝の言葉。

それらは全て愛から生まれていて、

そんな些細な言葉や行動で、人々は幸せになれてしまう。

小さな愛の積み重ねで、自分が変わり、相手が変わり、

小さな社会が変わり、大きな社会が変わって、世界が変わる。

単純で、簡単なことだと思います。

小石が大きな波紋を作るように、徐々にではありますが、

心地よい世界に変わっていくのが楽しみですね♡

ja日本語
en_USEnglish ja日本語