乳製品不使用のオーガニックローチョコレート

植物油脂はトランス脂肪酸だって知っていましたか?

チョコレートの原材料ってご存知でしょうか?

最近ではカカオ豆からチョコレートが作られることは広く知られてきています。

さて、カカオ以外の材料は何でしょうか。

お手元のチョコレートの箱を裏返しにして、原材料表示をご覧になってみてください。

スーパーなどで広く出回っているチョコレートの多くに、【植物油脂】が含まれています。

 

  • 砂糖、カカオマス、植物油脂、全粉乳、ココアバター、ホエイパウダー、バターオイル/乳化剤(大豆由来)、香料

 

上記の原材料表示は某日本3大チョコレートメーカーの一社のミルクチョコレートです。(一社だけ引き合いに出してますが、他も似たり寄ったりです)

ベーシックな板チョコレートにさえ、【植物油脂】が含まれている場合がほとんどです。

ハレトケトのローチョコレートやこだわって作られるクラフトチョコレートには含まれないものであり、本来のチョコレートには必要がない材料です。

【植物油脂】って何なのでしょう?

 

 

チョコレートに含まれるトランス脂肪酸
トランス脂肪酸の害

 


 

植物油脂

 

カカオは50−60%前後程度が脂質です。

カカオマスだけでは粘稠すぎる場合や味見をしてオイル感が足りない場合に、必要であればカカオバターを足して脂質を増やします。

しかし、前提として、【カカオは栽培が難しく、手間暇がかかる高価な食品】です。

カカオバターは高価なのです。

 

植物の油脂と聞くと、ヘルシーそうなイメージがあるかもしれませんが、穀物などから圧搾された【植物油とは別物です】。

植物油脂は簡単に言うと、植物から取れた植物油に水素を添加して作り出された【トランス脂肪酸であり、天然の植物油とは別物】です。

 

 

トランス脂肪酸

 

トランス脂肪酸は LDLコレステロールを増加させ、HDLコレステロールを減少さる働きがあります。

LDLコレステロールは肝臓に蓄えられていたコレステロールを末梢組織に運搬し、コレステロールは細胞膜の材料などに使われます。

しかし、LDLコレステロールが過剰な場合、血管に付着して血管壁を狭めたり【動脈硬化を引き起こし、心疾患のリスクを高めます】。

このような影響から、【トランス脂肪酸の害】は、広く知られています。

実はトランス脂肪酸は自然界にも存在し、牛肉や乳製品にも微量に含まれているそうです。

問題視されているのは人工的に作られた【マーガリンやショートニング、そして植物油脂といったトランス脂肪酸(部分的硬化油)】です。

トランス脂肪酸は、部分的硬化油に含まれている主要な脂肪酸成分なのです。

大豆やトウモロコシから得た植物油に水素を添加することで作られます。

しかも、植物油の搾油方法は、圧搾して絞り出す昔ながらのものではなく、有機溶剤を使用して油を溶かし出し、高温で熱することで溶剤を蒸発させ、残った油を菜種油やサラダ油などとして販売するのが現代では一般的です。

油は加熱や空気や光にさらされることで酸化してしまいます。

そんな粗悪な油をさらに加工して作り出されたのがトランス脂肪酸です。

 


 

安さと便利さのためのトランス脂肪酸

 

植物油脂は、材料も製造過程も安価であり、バターのように固まる性質があるため、【カカオバターの代用として使用】されています。

カカオバターは融点が32度前後ですが、植物油脂を混ぜることで暑い日でも溶けにくくなり、流通させやすくなります。

しかしチョコレートの「口どけ」はカカオバターでこその食感です。

【安価なチョコレートを食べた時の口の中のベタつきや後味の悪さ】は、この植物油脂や質の悪いカカオバターによるものだと考えられます。

体にいいと思って食べていたチョコレートも、材料の質によって大きく左右されます。

 

【ローチョコレートは健康に良いことが大前提】として作られていますので、当然、体に悪いトランス脂肪酸や粗悪な食材は使用していません。

よくローチョコレートは後味が残らない、すっと体に溶けて馴染んでいく、と言われる所以は、良質な生の脂(カカオバター)で作られているからなのです。

 

また、【植物油脂はチョコレート以外にも、様々な加工食品に使用されています】。

スーパーのスナック菓子やクッキーのサクサク感や、なめらかな舌触りといった食感はまさに硬化油(トランス脂肪酸)によるものです。

マーガリンやショートニングだけでなく、植物油脂に着目してみると、日本ではお菓子やパンに限らず、【お惣菜やドレッシング、チーズ、おにぎり、パスタなどなど、ありとあらゆるものに使用されており】、スーパーやコンビニでお昼ごはんや3時のおやつを買おうとすると、トランス脂肪酸を避けることは不可能なくらいです。

【安くてどこでも手軽に買えるという便利さの代償】として、【健康に対する害】が存在します。

 

 

トランス脂肪酸の害
トランス脂肪酸たっぷりの食品

 

 


 

ローチョコレートでトランス脂肪酸をリセット!?

 

現代社会において、すべての人工的に作られたトランス脂肪酸を避けることは、人付き合いという点においても困難だと思います。

ローチョコレートの材料であるカカオバターは、主に三種類の脂肪酸でできています。

 

カカオバター100g中の主な脂肪酸と働き

  • パルミチン酸 約25.4g 保湿・抗酸化物質
  • ステアリン酸 約33.2g 保湿・抗酸化物質
  • オレイン酸  約32.6g LDLコレステロールの減少

 

このうちオレイン酸はオリーブオイルの主成分として知られており、【LDLコレステロールを下げる働き】があります。

また、パルミチン酸にはビタミンと結合してビタミンの抗酸化作用を安定させると言われていますし、ステアリン酸も同様に抗酸化作用があることで美容の分野では積極的に取り入れられています。

ちなみに、シワに良いと言われているレチノールクリームは、パルミチン酸とレチノール(ビタミンA)が結合したものです。

 

知らず知らずのうちに摂取してしまうトランス脂肪酸。

主菜がお肉中心になりがちの現代の食卓。

 

増えすぎてしまった【LDLコレステロールを下げるための一つの手段】として、【日常にローチョコレート】を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 


 

ハレトケトのローチョコレートは、【品質が高いことで有名なカミーノベルデ農園】で、【オーガニック】で育てられた【希少価値のあるアリバ種】という品種のカカオを【100%使用】しています。

安心安全な材料だけでこだわって作られたローチョコレートは滋賀県彦根のヴィーガンカフェおよびオンラインショップにて販売中です!

 

【オンラインショップはこちら】

【Hareto-Ketoヴィーガンカフェについてはこちら】

【当店のこだわりカカオについてはこちら】

【ローチョコレートについてのご説明はこちら】

 

 

ヴィーガンなので乳製品や卵・小麦アレルギーの方も安心
植物油脂(トランス脂肪酸)不使用の安心安全な、本物のチョコレートです。
ja日本語
en_USEnglish ja日本語